ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
口内炎
 

口の中に起こる代表的な病気が口内炎です。経験した事が無い方もいれば、頻繁に出来る方も少なくありません。
 
口内炎は、口の中に出来る潰瘍みたいなもので、口の粘膜がえぐれて丸く白くなります。その痛みはかなり強く、食事、うがい、場合によっては舌が触れるだけでしみる様な強い痛みが起こります。
 
口内炎の原因は実際は明らかではありません。要因としてあげられているのは、栄養の偏り、ストレス、寝不足、消化器系の不調等です。その他にウィルスが原因で起こる可能性もあり、また遺伝性もある程度は関与していると言われています。
 
口内炎は多くの場合は一度に一つだけ出来ますが、場合によっては複数の物が同時に出来る事もあります。
 
口内炎はあらゆる場所にできます。歯茎、口の内側の粘膜に出来る物が一般的ですが、中には舌、咽にできる場合もあります。風邪の咽の痛みと思い、唾を飲むのが痛いと言って、来院された方で、ちょうど咽の奥の部分に大きな口内炎が出来ている方も見た事があります。
 
口内炎はある程度成長します。口内炎ができた、と自覚するのは、だいたい2ミリ前後ぐらいです。その後5ミリちょっとくらいまで成長する事もありますが、そのあたりで成長が止まり、次第に小さくなって治ります。たまに近い距離で2個できたりすると、お互いに成長して1個に合体したりする事もあります。
 
治療は特定の方法が特にありません。何もしなくても原則として2週間以内で治ります。多少回復を早くする、または症状を軽くする為には、下記の事を試してみて下さい。

痛みが強いとつい歯磨きなどの口腔清掃がおろそかになりますが、口を清潔にするために歯磨きをやわらかめの歯ブラシできちんと行って下さい。また、イソジンや、その他のうがい薬で口腔清掃を心掛けて下さい。口の中を汚くしていると、症状を悪化させるばかりか、治った後でまた簡単に再発してしまいます。

熱い茶、味噌汁、スープなどの熱いものを口にしないようにします。タバコも避けたほうが無難です。わさび、からし、カレーなどの香辛料や醤油、塩味の濃いものも痛みを強めますから薄味にしたほうがよいでしょう。酒もほどほどにするに越したことはありません。

セルフケア、体力の低下時に発症しやすいので、疲労をためずに十分な睡眠をとること、栄養のバランスのとれた食事をとること、過度の飲酒を避け、精神的ストレスを溜めない事が重要です。

特殊なうがい薬を使用。当院では抗消炎剤、抗ヒスタミン財、麻酔薬、抗生物質をミックスした、うがい薬を時々使います。その他にも色々な組み合わせ等が使用されていますが、この組み合わせが比較的効果があるようです。一部の重症なケースには内服薬を使用する事もありますが、これは稀なケースです。 


口内炎はどちらかというと軽くみられがちな病変です。それは、上で述べたような手当てをすればほとんど2週間以内に治るからです。しかし、場合によっては癌、ベーチェット病やエイズの症状の1つとして出ている物がありますから、油断はなりません。したがって、2週間をめどに、症状の変化がみられなかったり、治療効果がでない場合には、口腔外科、歯科、耳鼻咽喉科、内科などでみてもらうようにして下さい。