ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
アメリカの医療事情
 

海外で生活していて心配なのが病気になったときです。病院に行くにしても日本とは勝手が違うアメリカではいろいろとわからない事があります。
こんな時、知っておきたいアメリカの医療システムです。

実際に病気にかかったら
まずはファミリードクターに連絡を取り、診察が必要ならば予約を取る。基本的に、医者に掛かるときは前もって電話予約を入れるのがアメリカの習慣である。また痛みや熱がひどくすぐに診察が必要な場合は、医者にその旨を告げて何とか早めに診察してもらえるように相談してみる。もしくは応急処置などの的確な指導をもらう。
診察に行ったら病気の症状や始まった時期などを医者にきちんと伝え、服用した薬などがあったらそれを持参して医者に見せる。服用していた薬は名前だけでなく、1回に何グラム、1日に何回服用していたかまで覚えておく。
また日本で医者にかかっていた場合は、その医者から病状に付いての手紙をもらっておく必要がある。
アレルギーがある場合はそれも告げる。
精密検査や手術が必要な場合は、ファミリードクターが提携を結んだ医療機関や専門医を紹介してくれる。
その場合、必ずしもそのファミリードクターが付き添ってくれるわけではない。またセカンド・オピニオンをたずねるのもアメリカの習慣である。これは医者の診断に疑問を感じたときや手術の決断をするときに、もう1人他の医者の診察を受け意見をもらうことだ。これを医者に申し出たからといって医者の気分を害したりということはない。
精密検査や手術を受ける際は、患者にはあらかじめその内容や方法の説明をきちんと受ける権利があるので、後でこんなはずではなかったということを避けるためにも、分からないことは何度でも質問をして内容を明確にする。
どうしても、不明な言葉などがあったらメモに書いてもらい、あとで自分のファミリードクターに聞くのも良いだろう。

医療費と保険
アメリカで診察を受けるときに気になるのが医療費だ。アメリカの医療保険制度は日本とは異なる。
政府が提携している医療保険はメディケイド(低所得者用)とメディケア(65歳以上)の2種類になる。
これに該当しない場合は民間の医療保険に加入するしかない。会社員なら勤務先で福利厚生として団体保険の提供を受けるか、または個人で民間の医療保険に加入するしかないのである。団体保険でもその内容は千差万別。
その保険が適用できる病院が限られていたり、自己負担分もまちまちである。さらに、歯科保険は別になるので、会社で提供されている保険でも歯科は自己負担という場合もある。中小企業や個人経営などでは、医療保険の提供をしていないところもある。そういった場合は、やはり個人で民間の医療保険に加入するしかない。
保険に加入していないといろいろな面で不便である。ドクターズ・オフィスによっては何らかの医療保険を持っていないと診察してくれないところもある。また現金を持ってくるようにあらかじめ料金を提示されることもある。
病院のエマージェンシールームは保険なし、予約なしで診察してくれるが、何時間も待たなければならない場合もある。