ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
熱性痙攣
 

英語名:Febrile Seizure

子供の痙攣、とくに初めての痙攣の場合は親も動転しがちです。
しかし大抵の痙攣は熱によるものであって、永久的な影響を残すこともありませんので心配する必要はありません。その為にはまず子供の単純性熱性痙攣の定義を知っておくことが第一です。

熱が38度(℃)以上
痙攣が15分以内で自然に止まる(ほとんどの場合、約5分以内で止まる)
痙攣は24時間以内に1回だけ
体の四肢全体の痙攣を認める
年齢が生後6ヶ月から満6歳未満

以上の定義から外れるものは、複雑性もしくは他の痙攣症の場合があるので、早急に最寄の医療機関に連絡して指示を受けなくてはなりません。夜間の場合は救急室へ行くなり、痙攣が15分以上続いているときは911で救急車を呼んで下さい。
単純性と分かっている場合は、痙攣が終わってから医師と連絡を取り、熱の原因を診断してもらうことをお勧めします。
痙攣に対する処置ですが、一番最初にすることは、まず親が落ち着くことです。そのときに時計を見て何時に痙攣が始まって何時に終わったのか覚えておきましょう。次に子供が痙攣している最中にありこちに手足をぶつけたりしないように、家具などがまわりにない所へ移動させましょう。この時に絶対にしてはいけないことが2つあります。

子供の手足を押さえて痙攣を止めようとしないこと。
子供の口の中に指や物を入れたりしないこと。

昔は痙攣の最中に舌を噛まないように物を入れて噛ます様に教えられたものですが、これはかえって子供の呼吸を妨げたりすることになるので危険な行為です。痙攣の最中に呼吸が浅くなったり、稀には数秒停止することもありますが、普通は数秒で自然に呼吸活動を再開しますので、蘇生したりする必要はありません。痙攣が終わってから眠気を催しますが、これも普通のことです。痙攣が終わったらまずは解熱剤をあげて熱を下げましょう。きつい衣類は緩めてあげてください。衣類は熱があるときは薄着にしておいて下さい。
日本で昔からよく言われていた『熱児には毛布を重ねて掛ける』ということは極力避けて下さい。そうでないと患児を緊急室に運ぶ途中で熱性痙攣重積状態という痙攣を何回も繰り返すということも起こりかねません。