ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
抗生物質
 

抗生物質が処方された場合は、次のことに留意して使用して下さい。

1. 抗生物質は体内の細菌を撲滅することが出来ます。しかし細菌を有効に減らす為には、ある一定の血中量に達しなくてはなりません。抗生物質の種類によって違いますが、抗生物質を飲み始めてから効果のある血中量に達するまでには48時間から72時間位の時間が必要ですです。したがって薬を飲み始めた最初の数日は、熱が下がらなくても不思議ではありません。
抗生物質を飲み始めの2〜3日は、熱が38度以上あるときは、必ず『解熱剤』を併用してください。もし両方の薬を飲んでいるのにもかかわらず、72時間以上も熱が続いたとき、もしくは症状の悪化が見られたときは必ず再受診してください。

2. 抗生物質は通常7日から10日分処方されています。主な症状が服用を始めて数日で消えてしまっても、途中で服用を止めずに必ず指定された期間服用してください。

3. 稀に、軟便になったり下痢を起こすことが服用中にありますが、1日の下痢の回数が増えない限り薬を止める必要はありません。

4. 湿疹や腹痛が起こった場合はすぐに服用をやめて、担当医に連絡を取って下さい。

5. 当日本クリニックでは、患者様を実際に診察せずに、電話により薬を処方するというような倫理に反する医療行為は各医師、看護師に硬く禁止しておりますので何卒ご了承下さい。