ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
脈が飛ぶについて
 

頻繁に受診される不整脈の中で、期外収縮があります。殆どの場合は治療の必要はありません。

心臓は1分間に平均して60〜70回、規則正しく一定のリズムで収縮を繰り返しています。これを拍動と言います。運動したり、緊張したりすると拍動数は増えますが、そのような原因が無いのに、早くなったり遅くなったり、リズムが乱れる事があります。このような拍動の異常を不整脈と呼んでいます。

心臓には洞結節と言う部分があり、ここから電気刺激が心筋に伝わる事によって、心筋が収縮して全身に血液を送り出す仕組みになってます。

何故飛ぶ?

正常の場合、トントンと一定のリズムで打っている脈拍が、急に1拍飛んだり、止まったように感じる事があります。これは期外収縮と呼ばれる状態です。これは心臓が予想外の収縮を起こす事で生じる物です。本来、心臓の収縮を起こす電気刺激を発するのは洞結節ですが、場合によってはそれ以外の場所から発生する事があります。
その場合通常のリズムよりやや早めのタイミングで収縮が起こるため、心臓は十分に収縮できず脈拍が感じられなくなります。

危険?

脈が飛ぶのを自覚すると不安になり、受診される方も少なくはありません。幸いな事に期外収縮の大半は治療の必要が無く、心配の無い脈です。期外収縮は年齢、性別に問わず誰にでも起こる脈で、体質にも影響され、また年齢が上がるに連れて多くみられます。30歳を超えると殆どの人が一度は感じた事があると思いますが、実際は起こっているのに気がつかない場合も多いようです。神経質な方の方が脈のちょっとした乱れにも敏感に感じられるようです。

どのようなときに注意?

殆どの場合、危険性はありませんが、以下の状況は注意信号です。

- めまいや失神が伴う場合 (期外収縮が連続して起こっている可能性がある)
- 胸痛、息切れ、発汗が伴う場合 (狭心症の症状に当てはまる)
- 運動をすると頻度が増す (一般的に良性の期外収縮は運動すると回数が減る)

検査は必要?

もし上に述べた危険信号が当てはまる場合、またはある程度の年齢になってから症状が始まった場合(50歳以上)、家族の方で心疾患、または突然死のある方、またどうしても心配で気になる!と言う方は医師の診断を受けて相談をした方が良いでしょう。

まず心電図を最初に行い、必要であればホルター心電図(24時間心電図を記録する検査)を行います。毎日不整脈が起こっている場合はこの検査で殆どの場合診断がつきます。診察中に心雑音などが認められた場合は心エコー検査を受けることも重要です。また血液検査で甲状腺や貧血など不整脈の原因になる疾患を調べる事も必要です。

期外収縮はめまい、失神、動悸などの自覚症状が無ければ、特に治療の必要は無く、年齢とともにある程度は誰にでも起こります。あまり、神経質にならなくてもいいでしょう。ただし、不整脈の原因として心臓病が隠れている事もありますので、一度は医師の診断を受けると良いでしょう。また、日常のストレス、過労、睡眠不足等はすべて期外収縮を起こす原因となりますので、やはり規則正しい生活は大切です。