ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
FROSTBITE(凍傷)について
 

FROSTBITEなど雪山にでも登らない限り、起こるはずないと思っている方が多いと思いますが、寒さの厳しい地方では、市街地でもちょっとした油断から誰にでも起こりえます。FROSTBITEとは、全身ではなく部分的に起きた凍傷を指します。心臓から遠く離れ血液循環の悪い、手足の指、鼻、耳などの体の末梢部分によく起きます。凍傷はその程度により、やけどと同様に一度〜三度に分けられます。凍傷にかかると、まず皮膚がひりひり痛み始め、その内しびれるようになり、徐々に感覚が鈍くなり、ついには感覚が完全に失われてしまいます。次に、暖めて血行がもどると蒼白だった皮膚は今度は赤く腫れ、感覚も戻って来ます。 少しひどい場合には、赤紫色に腫れ上がり、かなりの痛みを伴います。このような一度の症状に加えて二度の場合は、後で水疱ができ、三度の場合は組織が死んでしまい、壊死や壊痕の状態になります。一度、二度の場合は、傷は皮膚の表皮に止まり、後で瘢痕を残しませんが、三度の場合は瘢痕を残し、傷が広範囲な場合は、外科的処置が必要となります。

凍傷の患者さんは、次の様な時に、帽子をかぶったり、耳あてをしなかったり、また手袋をせずにいたためなる事が多いようです ・雪かき、・車のジャンプ、・外を歩く(例えば、朝、車のエンジンがかからないため、家から最寄りの駅まで歩いたとか、車が故障したため近くのガソリンスタンドまで歩いたとか)患者さん方は、口をそろえて、「ちょっと外にいただけなのに凍傷になるなんて信じられない」と言われます。しかし、体感温度がマイナス20度になると10分位でも露出された部分に凍傷が起こります。

こういう場合は受診を

二度以上の場合はすぐに受診を
一度でも、痛みが強く市販薬では痛みがコントロール出来ない場合。
ここ10年、破傷風の予防接種を受 けていない場合。

家庭での処置

できるだけ早く暖める:凍傷による組織の損傷を食い止めるために出来るだけ早く血行を回復させる必要があります。ぬるま湯〜お風呂程度の暖かなお湯にひたして暖めます。
凍傷部分の扱いをていねいに−凍っている時に思わぬ損傷をきたす事があります。むやみにこすったり、マッサージする事は避け、むしろ、出来るだけさわらない事が大切です。
痛みに対しては、痛み止めの服用を:暖めて血行がもどると今度は痛みに襲われます。痛みが強ければTYLENOL、ADVIL、MOTRIN等の市販の痛み止めを飲むと良いでしょう。
凍傷部分は、必ず暖かく保護しておく:手の指なら手袋、耳なら帽子、耳あて等でおおい、冷やさない事が大切です。また一度凍傷にかかった部分は寒さに対して敏感です。再発予防のために寒さにさらさないように更に注意が必要です。
水疱があれば、やけどの水疱と同様の手当てを:医療機関に行くまでもない程度の水疱は、できるだけ破らないようにそっとガーゼをあてておきます。もし、破れてしまったら、抗生物質入り軟膏を塗り、傷口につかないガーゼ(NON-ADHERING DRESSING)で覆います。このように寒さに対しての不用心が凍傷という思わぬケガを招きます。
市街地でも寒さを甘く見ず、しっかり防寒する必要があります。特にお酒を飲んでいる時は、体の暖かさに酔いも加わり末梢の寒さを忘れがちなため、更に用心して下さい。

今後、読者の質問に答えるコラムを考えています。答えてほしい医療に関する質問が有りましたら、下記のE-Mailアドレスに、四方宛に送ってください。