ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
四十肩・五十肩について
 

年齢と共に身体のあちらこちらに老化現象が現れてきますが、その老化現象が肩に現れたのが四十肩・五十肩です。 この病気は文字通り四十代あるいは五十代の中年に好発する肩の痛みと肩の運動障害を特徴とした病気です。頻繁に起こる症状として、肩が上に上がらない、または背中を洗ったりする時に腕を後ろに回す事が出来ないなどがあります。肩というのは、人体の中では、一番可動域の大きな関節で複雑な動きをします。 その動きを陰で支える肩の周辺にはたくさんの筋肉や腱などがあり、やはり複雑な構造になっています。 そして、ここが肩の弱点でもあります。 四十肩や五十肩は、この肩の解剖学的要因に年齢的要素が加わり発病します。 つまり、四十肩・五十肩は、別名肩関節周囲炎と呼ばれるように、まず肩関節の周りの腱などの組織が老化による退行変性を経て炎症を起こします。 次にその炎症が二次的に肩関節内外に波及し、この炎症のために、やがて癒着が起こり、肩の動きが妨げられます。更に進行すると、ついに肩関節周囲の組織全体に廃用性の筋萎縮・拘縮が起こり肩の動きにかなりの障害をきたすことになります。

主な症状は、肩の痛みと運動障害の二つです。 最初に痛みが現れてきますが、痛みは肩と二の腕に感じることが多く、特に肩を動かすと痛みが強まります。 急性期には、肩の痛みで夜目覚めることもあります。 次第に痛みのために腕を横に上げる運動や内施・外施運動等、肩の動きが制限されてしまいます。 更に痛みをかばい肩を動かさないため肩は固くなります。そして、ますます運動障害が進みます。このように症状の経過の多くは、まず肩の痛みが漸次憎悪し、次に運動制限が現われ、痛みが軽減する頃に運動障害は、著明になってきます。肩の拘縮が高度になると、ついには全く肩が動かせなくなりますが、これを『凍結肩』、英語ではフローズン・ショルダーと呼びます。

治療としては、

服 薬:消炎鎮痛剤の内服。痛みがひどい場合は、筋弛緩剤も併用します。
局所注射:四十肩・五十肩では、よく使われる治療法ですが、局部麻酔剤とステロイド剤(消炎効果)を直接注射します。
理学療法:痛みが非常に強い急性期には、肩をなるべく動かさないように安静を保ち冷湿布をします。 3-4日たったら、今度は血行を良くし疼痛を軽減する目的で、温熱療法すなわち、温湿布・入浴・ホットパックや超音波療法等を行います。 家庭では、ゆっくりお風呂に入り肩までつかると良いでしょう。 また特に寝ている間、肩を冷やさないよう充分に注意が必要です。肩を温めたら、次に必要なのは肩の運動です。
運動療法

四十肩・五十肩も慢性になると、どうしても肩の痛みをかばい、痛いから動かさない、動かさないから余計に肩が動かなくなるという悪循環を繰り返します。これを断ち切る為には、運動療法を毎日根気よく続け、徐々に運動範囲を広げることが大切です。 ここでは、いくつかの運動をご紹介します。

(1)振り子運動
体を前傾し(背中は真っ直ぐに伸ばす)健側の手を机縁に置き、体を支える。
患側の腕を前後、左右にゆっくり振る。(徐々に振り幅を広げる。)
次にゆっくり円を描く。(徐々に大きな円にする。)

(2)はしご運動
壁面より一歩離れて立つ。
壁に肩とほぼ同じ位置より腕が上がる高さまでの範囲で、指をはしごの登り下りするように、上下にゆっくりと動かす。(徐々に腕の上がる範囲を広げる。)

(3)両腕の上下運動
両手を後ろで組む。
両腕を背中にそって上下にゆっくり動かす。

(4)両腕の開閉運動
両手を前で組む。
そのまま頭の後ろに回す。(手の平を後頭部につける。)
両腕の肘を前後にゆっくり開閉する。

運動療法のポイント
1)運動前には、肩を十分暖める。
2)すべての運動をゆっくり行う。
3)痛いのを無理やり動かすのはかえって逆効果。 かと言って痛くない範囲での運動では、可動域を広げることにはならない。 痛みを感じるところまで動かすのが、コツ。

最後に四十肩・五十肩は、肩関節の一種の老化現象で、とにかく肩が中古になってきたと言う警告サインです。 この体からのサインを無視せずに早めに受診し、適切な治療を受けましょう。 さもないと頑固な疼痛や運動障害に悩まされ、改善するのに長期間を要します。