ホームページ
メールリスト 連絡先
日本クリニックについて サービス内容
Chicago San Diego
 
 
脂肪肝について
 

近年、欧米型食生活による過食、運動不足、アルコール摂取量の増加などの生活変化と関連して、種々の成人病(現在は生活習慣病と呼ばれています)が増加しています。 その一つが肝臓の現代病と言われる「脂肪肝」です。

脂肪肝とは
文字通り肝臓に脂肪(多くは中性脂肪)が蓄積した状態を指します。脂肪肝になると、余分な脂肪のために肝臓は本来の正しい働きが妨げられてしまいます。 この脂肪肝を起こす主な原因は、肥満、糖尿病、飲酒です。 つまり、食べ過ぎ、飲み過ぎが主な原因です。

一般に脂肪肝になっても、血液検査で肝機能(GOT、GPT、γ-GTP等)がやや異常を示す以外、特に自覚症状はありません。 そのため、健康診断時に肝機能がわずかに悪いと指摘され、超音波やCTスキャンで肝臓を調べ、やっと脂肪肝が見つかるケースがほとんどです。

ところで、脂肪肝の治療は、肝臓そのものの治療より、背後にある原因を取り除いたり、原因になっている病気の治療をすることで、比較的容易によくなります。肥満に伴う脂肪肝の場合は、食事と運動で減量すること。 糖尿病の場合は、糖尿病の治療を継続し、血糖をコントロールすることが重要です。 一方、アルコール性脂肪肝の場合は、もちろん禁酒が一番有効です。

脂肪肝から肝硬変になることは比較的少なく、そういう意味から考えれば、脂肪肝とは、そう重大な病気ではありません(B型、C型肝炎を伴う場合、アルコールの過剰摂取、を除く)。 しかし、脂肪肝の問題は脂肪肝を生む ような食生活や生活習慣が種々の成人病の温床となりやすいと言うことです。例えば、過食や運動不足が続けば、脂肪肝だけでなく、動脈硬化症、高血圧、心臓病、糖尿病等種々の病気を招きます。 そして、たかが脂肪肝と治療をおろそかにしていると、将来、脳卒中や心筋梗塞等の生命の危機を伴う病気に襲われる可能性もあります。 またアルコールの過剰摂取は、やがてアルコール依存症や肝硬変へと進みます。

このように、脂肪肝は、成人病やその背後にひそむ重篤な病気の警告サインと自覚し、積極的にその改善への努力が必要です。 また脂肪肝の予防には、食べ過ぎ、飲み過ぎを避け、適度な運動を続けることです。